不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫をした話
  2. 710 view

30代不倫によって狂った絶望人生

私が30代前半の時の話になりますが、職場で入って来た中途社員の女性のOJT担当をする事となり、立場上かなり長く接する時間があったのがすべての始まりだったと感じます。

私は会社の動きや営業の流れなど事細かに教えてましたが彼女が3ヶ月くらい経過した頃、仕事帰りに2人で飲みに行きました。
そこまでは問題無かったのですが、いつしか恋愛話に盛り上がり終電を逃した我々は、このままホテルに行こうかという流れになり関係を持ちました。

翌日以降も特に気まずい空気などは無く、仕事を行なって行きましたがとある日、彼女から旦那に関係を持ったことがバレたと。
泣いて相談があり、結婚していた事を始めて知りました。
まさかそんな素振りなど感じなかったので驚きと、これは不倫をしてしまったという焦りが沸き起こったと同時に、職場にも彼女の旦那から私宛に電話が入るという窮地に立たされました。

折り返し電話をし、外で直接3人で話し合いを行いましたがかなり温度感が高く、慰謝料300万の請求を受けた、という経緯になります。

—————————————

彼女の旦那からの要求は、
①結婚している事実を知りながら、妻をそそのかした。
②本来的には管理職として彼女の指導をしなければならない立場で真夜中まで連れ回し、男女の関係を持った事で意図的に行なったのではないか。
主にこの二点について弁護士通じて内容証明が届きました。

当然、彼女は退職の申し出も有り、会社内ではこの噂がかなり広まった為、上層部からは降格と関係グループ会社への出向→転籍。という処分を受けました。
正直な話、この内容で社会的に処分受けているので相手弁護士も矛を収めてはどうかと旦那に掛け合って貰っていたそうですが、もはや振り上げた拳は降ろせず、徹底的に潰して欲しいというのが旦那の意向だという事を知りました。

結局、退職後に民事裁判を起こされ係争に至るのですが、私も結婚していた事を知らなかった事、社会的に責任を取っていると主張しましたが、やはり当時管理職の立場で、しかも中途入社の者をどういった人物であるのか、人事から情報を得る又は確認出来たはずであること。を裁判では相手方主張が認められて私は敗訴する事になりました。
ただ、彼女が退職した、私も当時の職場から相応の処分を受けてしかも退職をしている。という事で社会的制裁を受けているという事を情状酌量してもらい、慰謝料は当初の300万から200万に減額され確定しました。

この額であれば最悪、借り入れや貯金切り崩せばどうにか工面できる額だったので支払いを行い、この件は一旦幕引きとなりました。
個人的にはこの一件で作った借金が100万。

正直言って代償は大きいです。

今は何とか前職と関わりの無い業種で転職し、借金返済に奔走していますが、やはり今でも女性との距離感が怖いです。
欲を出した私に非がありますが、この記事を読んで頂いたらば不倫は人生狂わされるので絶対気を付けてくださいとお伝えしたいのと、一線を越える前の冷静になるきっかけになって貰いたいなと心から感じています。

不倫をした話の最近記事

  1. 裁判所で見守ったこと

  2. その出会いは偽りだった

  3. 憧れていた先輩からの裏切りで30万円支払うことに

  4. 不倫相手の妊娠が発覚し、相手の夫から慰謝料を請求された

  5. 自業自得でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP