不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫をした話
  2. 469 view

憧れていた先輩からの裏切りで30万円支払うことに

不倫行為はやってはいけないことだとはしっかりと分かっています。
ですが、私は一度、過ちを犯してしまいました。

私がまだ入社したばかりの頃の話です。
私には5歳年上の頼りになる男性の先輩が私の教育係として配置されました。
面倒見がよく、身なりも爽やかで、私はすぐに好感を持ちました。
薬指に結婚指輪があったので、独身ではないことは知っていましたが、それを残念に思う自分がいたので、その頃から先輩を異性として意識していたのかもしれません。

先輩とは初めの頃は仕事上だけのお付き合いだったのですが、半年も過ぎると、だんだんお互いに距離が縮まり、二人だけで打ち上げの飲み会に行こうということになりました。
尊敬する大好きな先輩との飲み会に行かない訳がありません。
私は先輩との二人だけの飲み会に参加し、そしてよくありがちなパターンなのかもしれませんが、酔った勢いで一線を越えてしまいました。

それから先輩との不倫関係は続き、2週間に一度のペースでデートを楽しんでいました。
先輩とのお付き合いは1年ほど続き、私も他に彼氏を作らなくてはと思いながらも、先輩との関係を断ち切ることができずにいました。

しかし、別れは突然やってきました。
奥様に私のことがバレ、奥様が私に慰謝料を請求してきたのです。
奥様は先輩と別れる意思はなく、先輩に私と別れる決断をさせたそうです。
そして、私に300万円を支払えと命じてきました。

—————————————

私は突然の出来事に頭が真っ白になりました。
そして、あれだけ私のことを愛していると言ってくれていた先輩が、まるで踵を返すように奥様側に立ち、私と別れ、高額な慰謝料を請求してきたことに怒りを覚えました。

しかし、不倫相手の私よりも奥様の方が立場が強いのは誰が見ても分かります。
奥様は数カ月前から興信所を雇って、私と先輩との関係の証拠をバッチリと押さえているようですし、ここは大人しく奥様に従うしかありません。
でも300万円もの高額な金額を、まだ入社2年目の私が払える訳がありません。
貯金も、貯めたボーナスなどを合わせて100万円ほどです。

示談でひっそりと解決をしたかったのですが、出せる金額があまりにも高額すぎたために弁護士事務所を訪ねることにしました。
弁護士の先生は私の事情を詳しく聞いてくださり、「慰謝料の支払いは生じるとは思いますが、減額はできるでしょう。」と話してくださりました。
私の場合、まだ入社して間もなく、そんなに金銭的に恵まれた環境でないことから、300万円を支払える能力がないとみなされ、減額ができると教えていただきました。

弁護士の先生の方から、先輩夫婦に話をしてくださり、また私だけではなく先輩にも非があるという話を交え、ずいぶん減額することができたようです。
最終的に私が支払った慰謝料は30万円です。
なんとか支払える金額になりました。
また、私が会社を辞めること、そして二度と先輩に会わないこと、万が一、先輩に会った場合は再び慰謝料を支払う義務が生じるということを誓約書に記載されました。
そして、私もそれに従いました。

せっかく入社した会社を辞め、先輩に裏切られたという心の傷が私を苦しめました。
事情を知った親には怒られるし、新しい仕事先は見つからないしで心身ともにボロボロになってしまいました。
先輩とのひとときの甘い時間を過ごせて、当時の私は満足していましたが、その考えは甘ったれた子供でした。
バレたときの賠償、そして罪の重さに気づいていませんでした。
そして、今は先輩に対する怒りばかりが生まれてきます。
先輩に裏切られた悲しみ、そして怒りが私の人嫌いを生み出してしまいました。

それでも何とか今は新しい彼氏を見つけ幸せに暮らしていますが、いまだにその過去の最悪な出来事が夢に出てくることがあります。
もう二度と不倫なんてしません。
また今の彼氏も浮気しないように、しっかりと心をつかみ、私から離れないようにしていこうと思っています。

不倫をした話の最近記事

  1. 裁判所で見守ったこと

  2. その出会いは偽りだった

  3. 憧れていた先輩からの裏切りで30万円支払うことに

  4. 不倫相手の妊娠が発覚し、相手の夫から慰謝料を請求された

  5. 自業自得でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP