不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫された話
  2. 657 view

弱い立場の浮気相手?妻は強い?何言ってんの!

私は6年前に離婚した。
理由は、夫の浮気。10も年下の職場の女の子と。
どんな風に始まって、どんなふうに付き合っていたのか、夫に話を聞いた。

関係が始まったのは、私が2人目の出産で里帰りをしているとき。1か月半の里帰りだった。
夫のほうが若い彼女にアプローチして、付き合いが始まったという。

私には「残業だよ~」なんてメールを送って、彼女とデートを重ねていたらしい。
まだ小さい上の子が「パパは今日も遅いの?」と言っていたのを「お仕事頑張ってくれてるんだよ」なんて言っていた私はなんてピエロだ。

この二人がどうしようもなくゲスいと思うのは、お互いの住まいが同じ社宅内だってことだ。
彼女は低層階の独身寮、私たちは高層階の妻帯者用。
私が2人の子供の面倒で疲れ切って寝ているときに、夫は家を抜け出して、エレベーターで彼女の家に行っていた。
そういえば、夜中に目を覚まし、夫がいなくて心配して玄関から外を探したこともあった。
携帯に電話するものの、携帯は家の中で鳴り響いた。
なるほど。持っていく必要もないほど近いんだもんね、彼女の家は。
ある時は、堂々と「後輩が仕事持ち帰ってて大変だから、ちょい手伝いに行ってくる。」と言って家を空けたこともあった。
女性の独身者が社宅に入っていることを当時知らなかったから、男性の後輩だとばかり思っていた。

—————————————

おかしいなと気が付いたのは、夫から残業のメールを受け取った後、「じゃあ外食しようか」と、マンションを出た時。
うちの車があった。
夫が朝乗っていたはずのうちの車が。
すぐに夫にメールをした。
「帰ってきてるの?」と。返信がないためもう一度。
「帰ってきてるよね?どこにいるの?」私はマンションのエントランスからもう一度メールをした。
「車、あるんだけど、どういうこと?」すると、上階の非常ドアがバタンと閉まる音がして、階段をだんだんだんと昇る音、そして非常ドアが閉まる音がした。
私は、マンション内にいたんだ!と確信した。

家に帰ると、「ごめんごめん、驚かそうと思って、帰ってきてスーパーに買い物に行ってた」と、手ぶらの夫の間抜けなこと。

それから私は証拠固めに奔走した。
家の車にGPSを取り付けた。
夫から残業のメールが来ると車の場所を確認。
少し知恵がついたのか、マンションの前の家電量販店に車を停めていた。
「大変だねー。あ、さっき会社に電話したけど誰も出なかったよ?」とカマをかけた。
「夫君いるんだよね?」「い、いるよ!」「あやしいな~、じゃあ会社から電話してみて!」PCとにらめっこしていた私は大爆笑。
だって、車がどんどん家から遠ざかって会社に向かっている。
必死だな、ほんと。
そうこうするうちに夫は部署異動となり、隣の県に単身赴任となった。
上の子が小学生だったため、転校させるのがかわいそうだったからだ。
2週間に1度帰ってくる夫。私はETCの明細をチェック。毎週帰ってきてるじゃないか。
メールで「今週は帰れない」ときているから、これも証拠には十分。

証拠は順調に集まって、これからどうしようかと考えていた。
とりあえず、夫と相手に慰謝料を請求しようと。
けじめをつけてもらってからどうするかを考えようと思った。

夫が帰ってきた日、私は証拠を突きつけどういうつもりかを問いただした。

私は念書を取り出し、夫に直筆で書いてもらった。
相手の名前、関係がいつからだったのかなどなど。
署名捺印もしっかりしてもらった。
そして、夫の携帯から彼女へ電話してもらった。
夫はものすごく抵抗した。
彼女を巻き込みたくないんだと。
巻き込む…とかじゃなく、当事者だろ。
そして半ば奪うように夫の携帯から彼女に電話、「妻ですけど」と言った瞬間切られた。
もう一度かける。出ない。夫に言ってメールしてもらう。
「電話に出ないともっと大変なことになる」と。
次にかけたら電話に出たけど、泣いていて話にならない。
「そちらの対応次第では訴えます」とだけ言って電話を切った。

夫からは「彼女にだけは迷惑をかけないで、俺から誘ったんだから」とうなだれている。
この男最低だ。と、子どもたちのパパだからと思っていた最後の気持ちもなくなった。

「彼女を本気で好きになったんなら、どうして順序を守らなかった?私に先にそう話して円満に離婚してればこんなことにはならなかったでしょ」そう言うと、「家の中が、子どもたち中心になったのが気に食わなかった」と言った。

子どもができてから、確かにイベントごとやお出かけは子供中心になっていた。
そういえば、お誕生会をしたときに、姑に言われたことを思い出した。
「うちの子(夫)は誕生日とか、そういう家族で色々するってことをしてこなかったから、お前(私)がお誕生日だよ、クリスマスだよっていうのがうっとおしいんだよ」
ダブル不倫の後離婚、単身上京して再婚しても息子を手元に呼ばず、祖父母に任せたままだった姑。

あぁ、不倫の遺伝子ってあるのかもと思った不倫修羅場だった。

不倫された話の最近記事

  1. 妻の浮気が発覚したこと

  2. 尾行などお願いしてもらった

  3. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料

  4. 夜にして全てが変わった

  5. 旦那が元カノと不倫関係5年続けてたらしい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP