不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫された話
  2. 1093 view

幸せすぎると自慢していた主婦の結末!?

同じ職場に勤めるパートNさんは、いつも口を開けば自分の家族特に旦那さんについての自慢話をしていました。
日本人の特徴として、自分の彼氏や旦那さんについての良い話ばかりしすぎると嫌われる傾向にありますがまさにそのタイプでした。
彼氏や旦那の悪口で盛り上がっていても、自分の旦那は違う、うちの家族は違うと言う感じで周りの方がウンザリ来るくらい自分の家族を褒めていました。

そんなある日の昼休みにいつもだったらスタッフ全員でご飯を食べながらNさんの旦那さんの自慢話を聞かなければいけないのに何も話してこないです。
食事ものどを通らないらしく、お弁当はほぼ手付かずで残していたんです。
どう見ても様子がおかしいので「どうしたの?何かあったの?」と聞くと、「昨日旦那が寝ている時に知らない女性の名前を言っていた」「数日前も同じ女性の名前だった」と言ってきたんです。
Nさんの旦那さんはNさんの実家が営んでいる小さな小料理屋で調理の手伝いをしていたんですが経営がうなくいかなくなり、本人の希望で介護の専門学校に入学したばかりだったんです。
寝言で呼んでいた女性の名前は、同じ学校に通うお互い他の生徒よりかなり年上の30過ぎだったのですぐに意気投合したいたみたいです。

—————————————

Nさんは直接旦那さんに寝言について聞いても答えてくれないと思ったので、旦那さんが携帯を扱うときのロック解除に必要な暗証番号を探る事にしました。
旦那が携帯を触っている手を気づかれないように横目で見ながら私たち3人の誕生日ではない事はすぐに確認が取れました。
これは間違いなく誰か他の人の誕生日だと女の感で感じる事ができ、かならず番号を手に入れてやると心に誓ったそうです。
それから数日後、念願の番号を盗み見する事ができ家にいる時も片時も離そうとしない携帯を旦那がお風呂に入っているすきに触ることが出来ました。
何の番号か分からない番号を入力しロック解除された携帯電話の中身は地獄そのものだったそうです。
旦那とその女性はクラスで2人しかいない30代。
すぐに意気投合したみたいです。

最初はクラスメイトとして学校で話すだけでしたが、そのうち学校のすぐ近くに住んでいる彼女の家に彼女と彼女の彼氏についての悩みを聞きに通うようになったそうです。
もちろん旦那さんは学生なので朝から夕方まで学校で勉強する必要があります。
仕事が出来ない旦那さんに変わってNさんはパートの日数を増やし、5年間の不妊治療で授かった一人息子と旦那さんの為に仕事と家事を両立していました。

そんな時に起こったこの出来事。
Nさんは旦那さんとその女性とのメール内容を見たにも関わらず旦那さんを信じていました。
ですが、寝言を聞いてから3か月くらい経った辺りから学校のクラスメイトと飲み会があるからと言って朝方に帰ってきたり、外泊するようになってきたらしいのです。
さすがのNさんも不安になり聞いてみたそうです。

「好きな人でも出来た?」彼は冗談だと思ったみたいで取り扱ってくれなかったそうですが、めげずに言ってみたそうです。
「あなたの寝言で女性の名前をよく聞くんだけど誰?」すると旦那さんが、「寝言で誰の名前を言おうと分からないよ!!」「たかが寝言でしょ?」「いちいちそんな事で攻められるんだったら一緒に生活できない」と逆切れされ
次の日から数日間帰って来なかったそうです。
それからは、仕事が終わり子供にご飯を食べさせると近くに住む親に子供を預け、余分なお金を持っていなかった為、探偵を雇う事が出来ず自力で浮気現場を押さえたそうです。
あんなにうちは円満夫婦だと自慢していたのが信じられません。

浮気がバレてから離婚するまでの間に旦那さんが、浮気を認める事はなかったそうです。

不倫された話の最近記事

  1. 妻の浮気が発覚したこと

  2. 尾行などお願いしてもらった

  3. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料

  4. 夜にして全てが変わった

  5. 旦那が元カノと不倫関係5年続けてたらしい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP