不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫された話
  2. 2620 view

尾行などお願いしてもらった

自分の妻が浮気なんてするわけがない、そう思っていたのですが…。

 

まさか自分の身に起きるとは。

 

そして、それが発覚した後は、仕事に集中できず苦しい毎日でした。疑い初めて3か月経過した頃の私は、仕事が中心の人間で、会社を休んでまで妻を尾行して浮気相手を突き止める選択肢はありませんでした。ですが、仕事中も妻の浮気が気になり、全然集中できなくて、頭の中はそのことでぐるぐるしていました。次第に仕事にも支障が出てきて、精神的に限界を迎えました。

そうした私の様子に、ある上司が気にかけて声をかけてきました。この上司は、会社でも仕事ができる有名人で、切れ者で通っていた人でした。そして、私は今悩んでいることを、その上司に話しました。上司は黙って私の話を聞き、ちょっと時間くれといってその日は終わりました。数日後、私は再びその上司に呼び出されて、今度は同じ会社の別部署の社員を紹介されたのです。そして、実はその人も旦那が浮気をして浮気相手を調べた経験があったそうで、この人のアドバイスが後に私の心救ってくれることになるのです。そして、私は妻の不貞の証拠を冷静になって集めてみてはとアドバイスされました。その時、私に離婚するつもりはなくて、妻に怒りはありましたが、浮気相手の男性に対する憎しみの方が強く、慰謝料を取ろうと思っていたのです。

 

もし浮気相手も結婚していれば、相手の家庭もめちゃくちゃにしようとしていました。それまでどうすればいいか分からなくて、ストレスが溜まっていたのですが、証拠を集めるという目標ができ、相談できる人もできて精神的に楽になりました。

ちなみに、不貞を証明するため証拠ですが、携帯を肌身離さず持ち歩いたり、帰りが遅い、怪しい内容のメールを目撃したなどは証拠にならないそうです。そして、相手が浮気認めた時は、証拠がなくても慰謝料の請求などが可能ですが、認める様な人ではありません。そうなると、不貞の証拠は定期的に会ってセックスしていたことを証明しなくてはならず、もし裁判となれば相手がすっとぼけて言い逃れできない決定的証拠たたきつける必要があるので、冷静になって妻の行動パターンを紙に書きました。妻は週4でパートをしていて、その曜日と帰ってくる時間を紙に書きました。そして、しばらく統計を取ったところ、1週間で帰って来るのが遅い曜日は、水曜、金曜と決まっていることが分かりました。

この時の私は、妻に家のお金を任せきりにしており、家にどれぐらいのお金があるか全く把握していなかったのですが、銀行口座の入出金明細、クレジットカードの利用明細をチェックして驚きました。銀行口座に最低300万円は貯金があると思っていたのに、残高はゼロ。クレジットカードで買い物はしていなかったようですが、キャッシングでお金を借りていました。ショックでしたが、これを見て妻の裏切りを確信しました。私たち普段特に贅沢な生活をしていないので、キャッシングをするほどお金に困ることはなかったはずなのに、一体、何にそんなに使ったのか…。私は平日に休みがある友人に、妻の尾行を依頼しました。そして、友人は快く引き受けてくれましたが、途中で見失ってしまいうまくいきません。当然友人は探偵でもないので、尾行などうまくいきません。

妻の裏切りに確信を持てたのですが、肝心の証拠がつかめないことに焦うりを感じて、上司にこれまでの経緯を話しました。浮気をしていただけでなく、二人の将来のために貯めていたお金まで使い込まれていたことに怒りを覚え、離婚を決意しました。私の話を聞いた上司は、探偵を雇い決定的な証拠を掴んでもらうと良いのではないかと言ってくれました。ただ、私には一つ不安なことがありました。それはお金のことです。探偵に依頼をするとかなりお金かかると思っていたのです。ちょうどその頃、妻がキャッシングしたクレジットカードの借金の請求が来ており、私には高額な費用が支払えません。上司にその不安を伝えたところ、浮気していると思われる日が分かっているのであれば、怪しい日に張り込みをしてもらい、証拠を集めてもらえれば、大きな額にならないと教えてくれました。

 

私は生まれて初めて親にお金を借りに行きました。

事情を説明すると、親は100万円貸してくれたのです。

そして、紹介してもらった探偵事務所に電話かけ相談をしたのですが、0円でした。

不倫された話の最近記事

  1. 妻の浮気が発覚したこと

  2. 尾行などお願いしてもらった

  3. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料

  4. 夜にして全てが変わった

  5. 旦那が元カノと不倫関係5年続けてたらしい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP