不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫された話
  2. 9080 view

妻の浮気現場

妻が週末の休みになると毎回友人と出かけると言って、夜遅くまで飲み歩くようになったため、私は不審に思い始めていました。
妻に「誰と出かけているの?」と訪ねても毎回女友達としか言いませんでした。

ですが、私に隠れてコソコソとラインで電話をしたり、いつも誰かとやり取りしていました。
妻は以前は、そんなことはなく友達とLINEなど滅多にしていなかったし、コソコソと隠れて何かするといった事は一度もありませんでした。
私は、直感でこれは浮気しているなと思っていました。
ですが、証拠もないのに浮気だと断定する事はできませんでした。
私は、もしも妻が浮気をしていたら、この先一緒に暮らす事は絶対にしたくなかったので、どうにかして妻の浮気を調べる事にしました。

私は、妻の事を会社の先輩に相談しました。
すると、先輩から思いもよらないアドバイスをいただきました。
先輩は、「探偵に依頼して浮気調査してもらうとすぐにわかるよ!」と言いました。
私は、「探偵…?」と戸惑いました。
探偵と聞くと、映画やドラマの世界だけだと思っていましたが、どうやら先輩が以前に探偵に浮気調査を依頼して、浮気が発覚したのだというのです。
私は、すぐに先輩から教えてもらった探偵事務所に電話をかけて、妻の浮気調査を依頼しました。

—————————————

探偵の方に依頼してから、その週にすぐに連絡が来て探偵の方から、「奥さんの浮気が発覚しました。」とすんなり言われました。
私は、翌日の仕事帰りにすぐに探偵事務所に向かいました。
そこで、探偵の方から妻の浮気写真を見せられました。
妻が男の人と一緒に歩いている写真や、BARのカウンターで一緒に酒を飲む姿でした。
私は裏切られた気持ちで、妻と浮気相手にすごく怒りを覚えました。

探偵の方から証拠写真を預かり、妻が浮気相手とよく行くBARの店名をメモして探偵事務所を出ました。
翌週に、妻がまた夕方から出かけて行きました。
私は、探偵の方からBARには夜の8時頃に現れたという話を聞いていたので、それまで家で待機していました。
怒りなどの気持ちで、ソワソワしてじっとしていられませんでした。
落ち着くために、軽く1人で酒を飲みました。

夜になったので、私は妻と浮気相手がよく行くBARに向かいました。
ちょうど時刻は8時頃でした。
タクシーで繁華街まで向かう途中にも、怒りで冷静になれませんでした。

そしてついにBARに到着しました。
店に入り奥のカウンターを見ると、そこには酒を飲みながら男といちゃつく、妻の姿がありました。
私は、思わずとっさに「オイ!このアバズレ女!何やってんだ!」と怒鳴りつけました。
すると妻は、「友達だけど?何?」とごまかしてきました。
私は、妻と浮気相手に証拠写真を見せました。
写真には目の前の男が思いっきり写っていました。
男は、黙りこんで何も言えない状態でした。
話にならないので、私は妻にその場で「おまえみたいなアバズレ女とは離婚だ!」と言いました。
すると妻は、テンパった様子で黙り込みました。

私は、その場を後にして家に帰りました。
それから、妻が帰宅してきて、泣きながら「ごめんなさい、もう浮気はしないから」と謝罪してきましたが、私達はまだ新婚で1年も経っていない状態でした。
私は、まだ新婚なのに浮気された事がショックだったし、この先妻とやっていける自信がなかったので、離婚を決意しました。

それから、マンションは私が借りていたので妻が出て行く事になりました。
離婚届けを書くときに、妻が「やり直さない?」としつこく言ってきましたが、私は完全に妻に冷めてしまっていたので、拒否しました。
妻がマンションを出て行くまで、私達はほとんど会話はせずに、最低限の業務連絡だけでした。

そして、妻はマンションから出て行きました。
その後、連絡などは一切とっていないので、現在はどうしているか、わかりません。
その後、私は浮気された経験から女性に対してかなり慎重になりました。

ですが、今は素敵な女性とお付き合いができています。

不倫された話の最近記事

  1. 妻の浮気が発覚したこと

  2. 尾行などお願いしてもらった

  3. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料

  4. 夜にして全てが変わった

  5. 旦那が元カノと不倫関係5年続けてたらしい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP