不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫された話
  2. 587 view

単身赴任先で夫が不倫!?妻がとった驚きの行動とは?

とある知人(男性)が不倫していた話です。元々は夫(三十代)妻(三十代)小学生の息子の三人家族で暮らしていました。息子が小学校に上がって一年たったときに夫の単身赴任が決まりそれが不倫の原因となりました。実家と赴任先との距離としては関西と関東、新幹線で三時間ほどの距離でした。

夫は元々女好きで学生のころはよく女遊びをしていたみたいで家庭をもってから落ち着いたものの単身赴任という環境になったとたん当時の女遊び癖が再発してしまったらしいです。最初は妻と子供のことがやはり気になりキャバクラや風俗の利用だけで抑えていたのらしいのですが物足りなくなり出会い系サイトで女の人と関係を持つことを考え始めました。単身赴任して三ヶ月が経った頃出会い系サイトで好みの女性と出会い不倫の関係を始めました。相手も夫がいる(子供はいない)女性でいわゆるダブル不倫の形でした。夫との夜の関係に不満があったらしく欲を満たすために出会い系サイトを始めたそうです。しかし、相手は普通に毎日家庭に戻らなければならない状況だったので密会は夫が夜勤でいない毎週水曜日だったそうです。

一方こちらはほぼ毎日妻子供と電話をしていたため水曜日だけ毎週できないのは不自然だと思われることを恐れ水曜日は同僚とフットサルをする日と適当な嘘をついていたそうです。

お互い水曜日だけの関係を続けこのままでいこうと思っていたらしいのですが会う回数を重ねるごとにお互いの関係が深まり二人共妻や夫に適当な嘘をついて水曜日意外も会い始めたらしいです。不倫相手の女性の夫はその女性の友好関係がもともと広かったことを知っていたこともあり疑わなかったらしいのですが、知人の妻は赴任先で遊び仲間がそんなに多くないはずなのにしょっちゅう遊びに行っていることに不信感を抱いていたらしいです。さらに知人は相手の女性にハマっていくあまり電話しているときでさえも妻に対しどこかもそっけなくしてしまっていたらしいです。それが約三ヶ月、夫の単身赴任始まってからは半年にして妻はいよいよ夫の不倫を疑い始めました。元々女好きであることは妻も知っていたらしく単身赴任に対する心配も前から少しはあったようです。そしてとうとう夫に電話して直接”何か隠していることはないか?”と聞いたらしいです。しかし夫は何もないから信用してほしいと不倫がばれるはずがないと思ってきっぱり言ったらしいです。夫があまりにも堂々としていたせいか妻は一度は信用したらしいです。しかし、相変わらず連絡が取れないことが不定期にあったり、電話のときの態度などが気になり直接会いに行くことを考えました。ちなみに不倫相手と密会しているのは夫の一人暮らし先だったそうです。ですからもちろんそこには女性の形跡がたくさん残っていました。

妻は夫の真相を突き止めるべくフットサルに行っている(本当は不倫相手を呼んでいる)水曜日にアポなしで訪問することを決めました。鍵は夫からスペアキーをもらっていたのでいつでも開けることができました。

そして単身赴任後7ヶ月目のある水曜日に妻は息子を親戚に預け夫のアパートへ行きました。時間は夜の八時、夫がちょうど不倫相手とご飯から帰ってくる頃でした。先に家についた妻は夫の家に入ると同時に全てを察したらしいです。そして怒りが湧き上がっている状態で不倫相手をつれた夫が帰宅。妻は何をしているんだと怒鳴り散らし夫はとりあえず不倫相手を家に帰しました。

まさか妻がアポなしでくると思っていなかった夫はあたふた状態だったらしいです。もうこうなったら下手な嘘は通用しないと思ったらしく全てを正直に話しました。妻はもちろん許してはくれなかったそうですが子供のことも考え離婚までには至らなかったそうです。現在も夫の単身赴任は続いているのですが夫は懲りて不倫相手との関係をやめたらしいです。妻とは子供のことなど必要最低限の連絡しかとっておらず、許してもらえる兆しはないそうです。このままでは単身赴任が終わって実家にもどっても別居生活の可能性もあると言っていました。

不倫された話の最近記事

  1. 妻の浮気が発覚したこと

  2. 尾行などお願いしてもらった

  3. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料

  4. 夜にして全てが変わった

  5. 旦那が元カノと不倫関係5年続けてたらしい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP