不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫をした話
  2. 554 view

不倫相手が妻に裁判を起こした話

私は40歳会社員で、妻は39歳看護師です。
結婚をしてから10年が経過しましたが、子供に恵まれず、8年が経過してからようやく子を授かりました。
育児を私も行うようになり、楽しくやっていたのですが、だんだんと妻は女からお母さんになり、私にかまってくれないようになりました。
話かけても忙しい!の一言で終わらせ見向きもしない。
セックスレスになり、キスもおろか手もつながないようになってしまい、妻は私を同居人という扱いになり早二年が経過しました。

そんな時、私は、私の気を紛らわすために既婚者同士の合コンに参加してしまいました。
はじめは軽い気持ちでしたがどんどんのめりこんでしまい、既婚者の子持ちの女性にのめりこんでしまい一線を越えてしまいました。
そんな関係が半年も続き、意気揚々としていましたが、不倫が妻にばれてしまいました。
私のスマホを娘がとり、どいうわけだかlineを立ち上げ妻に見せてしまったのです。
やり取りをすべて削除していましたが、妻の知らない女性の名前で全てバレてしまいました。
離婚をするか、慰謝料を払えとの事になりました。

双方が弁護士を立て言い分を主張しました。
妻は離婚をする(自分は一切悪くない、不倫をする人が悪い)
私は離婚をする(このような事態になったことを理解して欲しい)

—————————————

双方で裁判を考えましたが、今までの判例からすると、どんな事情があろうと、不倫をした人が悪いという判例がほとんどでした。
私は慰謝料を払わずに離婚をできないかどうか考えましたが、妙案が浮かびません(気持ちは不倫相手にどっぷりありました)。
双方で話をしていくと、夫婦のことはどうでもよく、子供の事を第一に考えなくてはいけないという結論になりつつありました。
そこまではわかるのだが、私が不倫をしたのは原因が妻側にあることを理解させない限り、認めない限りは婚姻関係を続けるのはできないことを強く言い続けた。
(この時点で、離婚するのではなく、私のちっぽけなプライドが勝っていたように思う)

しかし妻は今までの態度を改めてやり直したいとの妥協案が提示されたが、私の気持ちをどれくらい理解しているのかを把握できなかったので、ちっぽけなプライドが勝ってしまい、妻を受け入れることができずに、何度も何度も話をしていくようになりました。
結論としては、私が100万円を妻に支払い、不倫相手と別れることになりました。
しかしなぜだか不倫相手も離婚をかんがえていて、私と結婚をする予定だったらしく、離婚を求めて裁判を起こすことになった。
不倫相手の要望は、妻に別れてほしいとう事で、事態は混とんとしていくことになりました。

私は長期裁判を考えていたのですが、突如、不倫相手が裁判を取り下げ、お金を望まないので謝罪をしてほしいとのことでした。
私が謝罪するのではなく、妻の態度が気に食わなかったようで(私が不倫をしたことは悪いが、不倫の根本的な原因は妻にあるので、その態度を改めて私に謝罪しろという妙な解決案になりました)
妻が謝罪をして、何とか事なきを得ました。
不倫をするのは背徳な気持ちになりスリルが高まりますが、やはり良くないという結論です。
100万円で済んだのは安かったと思いますが、高い授業料を払ってしまったと今では思っている。
ワンナイト程度なら、やっていきたいと思っているがバレない方法を知りたい。

不倫をした話の最近記事

  1. 裁判所で見守ったこと

  2. その出会いは偽りだった

  3. 憧れていた先輩からの裏切りで30万円支払うことに

  4. 不倫相手の妊娠が発覚し、相手の夫から慰謝料を請求された

  5. 自業自得でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP