不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫をした話
  2. 786 view

不倫をした罰は必ず自分に返ってくる

旦那との仲があまり良くなく、喧嘩の多い時期に、モバゲーというSNSを通して年下の男性と知り合った。
最初はただサイト上で話をしていただけだったが、家が近くということもあり、連絡先を交換して会うことになった。

会うといっても、興味本位といった感じで、なんだか楽しそうというくらいだった。
相手の男性も同じように考えていたと思う。
ただの暇つぶしというか、友達作りのつもりだったのかもしれない。

私には幼い子どもがいた。
旦那は夜勤で夜は家を留守にしていた。
子どもだけを残して家を出ることはどうしても出来なかったので、自分の住所を教えて来てもらうこととなった。

今思えばよくそんなことが出来たと思う。

一度も会ったことのない相手。
緊張はしていたが、不思議と不安はなかった。
相手が年下でとても若かったからのか、勝手に安心していた。

そして、ついに相手の男性が家に到着。
どきどきしながら玄関のドアを開けた。
すると、そこに立っていた男性は、私の想像していた以上にイケメンで、なにより私のタイプど真ん中だった。

一瞬にして、その男性の虜となった。
全てが好みで、こんな人に今まで一度も出会ったことがなかったからだ。
私は既婚者で子どもがいたが、そんなこと一瞬でどうでもよくなってしまった。
とにかくこの日から、私はこの男性のことしか考えられなくなってしまっていたのだ。

—————————————

その日から、私の人生は狂い始めた。

子どもを旦那に預けては、男性に会いに行った。
誕生日やお土産、なんでもプレゼントした。
とにかく一緒に居たくて、旅行代を全て私が払って、一緒に旅行したこともあった。

しかし、相手からは何もプレゼントされたことはない。
何ももらったことはない。
それでも会えればそれだけで良かった。
気持ちだけどんどん1人で先走りして、私は勝手に、旦那と離婚し、この男性と一緒になるつもりでいた。
子どもの父親になってもらおうと簡単に考えていた。

そんなある日、あることをキッカケに急に彼と連絡がとりにくくなってしまった。
そのきっかけとは、一度妊娠疑惑があったことだ。
彼と体の関係を持つようになったある日、生理がなかなか来ない日があった。
あまりに来ないので、もしかして妊娠したかと思い、彼に話をした。
その時はきっと妊娠をきっかけに一緒になれると信じていた。

しかし、話をした途端、彼の表情は曇った。
あきらかにいつもと違った。

その日から、なかなか連絡が繋がらなくなった。
会いたいと言っても会ってくれない、好きだとは言ってくれるけど、連絡も相手からはしてくれない。
結局、妊娠はしていなかったが、それでも私は一緒に居たくて、旦那とは離婚の話を進めていた。

私は彼が好き過ぎて、どんどん周りが見えなくなっていた。
彼との写真やプリクラ、全てを大事に保管していたのだ。

それが突然、旦那にバレてしまった。
ずっと疑っていたらしく、証拠を探していたようだ。
ここまでくると、もう旦那と一緒に暮らすことは出来ず、すぐに家を出た。
そして旦那もそれを許さず、離婚も認めず、離婚調停が始まったのだ。
私は旦那との性格の不一致などを挙げていたが、旦那はやはり不倫の話を持ち出してきた。
そして、離婚はするが、親権は譲りたくないと。

そこから約1年半、調停は続いた。
その間も、旦那から電話がきて、相手の男性を訴えるなど本当に揉めて大変だった。
肝心の年下の男性は、そんなことはもう関係ないと言わんばかりに、そのことについては一切触れない。
自分が連絡したくなると、私にしてくる。
それも欲求が溜まったときだけ。
そこで会って、満たされるとまた、連絡がこなくなるのだ。
完全に都合のいいように使われていた。

そして、その現場に気づいたときには、もう手遅れだった。
家庭は崩壊、離婚調停、私は全てを失った。
親権は最終的には私が持つことができたが、自分のしたことが全て自分に返ってきた。
誰かを傷つけると必ず自分に返ってくる、馬鹿なことしたなと感じた自分の不倫体験だった。

不倫をした話の最近記事

  1. 裁判所で見守ったこと

  2. その出会いは偽りだった

  3. 憧れていた先輩からの裏切りで30万円支払うことに

  4. 不倫相手の妊娠が発覚し、相手の夫から慰謝料を請求された

  5. 自業自得でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP