不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫をした話
  2. 626 view

不倫の代償は大きかったです

私は30代の男、自営業でサービス業をしています。
現在は離婚をして独り身ですが、以前は妻と子ども二人がいました。
慰謝料を請求された理由を簡単に説明すると、私の不倫が原因で離婚することになり、慰謝料を請求されてしまいました。
結果的には慰謝料500万を支払いました。
そこまで至るには色々な話し合い、裁判などがあったので順を追って説明します。

私は自営業で飲食店を経営していて、オーナーとしてお店の経営にも関わっています。
アルバイトの面接なども担当していて、若い女性と接する機会が多いです。
前妻は元々それが気になっていたらしく、私がアルバイトと浮気をしないかどうか細かくチェックしていました。
以前アルバイトの女性と二人だけで食事に行ったことがばれてしまい、そこからチェックはどんどん厳しくなりました。
私は常に監視されているような感覚になり、家に帰るのが嫌になるレベルまでストレスを抱えていました。

そして、前妻を女として見れなくなっていました。
子どもが二人いて、家庭を壊すつもりはなかったのですが、前妻の厳しい監視のストレスに耐えかねて、アルバイトの女性と浮気をするようになってしまいました。
妻は探偵を雇っていて、証拠を掴まれた私は裁判で負けて離婚が成立、慰謝料を支払うことになりました。

—————————————

離婚が決まり、慰謝料の話し合いが始まると相手のペースで話が進んでいきました。
私は慰謝料といっても大体50万円から100万円くらいだろうと思っていたのですが、前妻は私の浮気による精神的苦痛があったということで、慰謝料500万を支払うことになりました。
これだけでも非常に驚いたのですが、これで終わりではありませんでした。

離婚が成立すると妻と子どもは家から出て行くことになり、賃貸でマンションを借りることになりました。
慰謝料とは別に養育費が必要になり、マンションを借りるための生活維持費も一緒に支払うということになりました。
しかも養育費と生活維持費は約30万円という金額で、これを毎月支払わなければいけないのです。
さすがに私の負担が大き過ぎるので、考え直してくれないかという意見を弁護士を通じて提出しましたが、相手は条件を変更するつもりはないと一点張りだったので、結局私の方が折れました。

最終的には相手の条件をそのまま受け入れて示談が成立しました。
慰謝料は分割を考えましたが、弁護士に相談したら公正証書で分割払契約をしなければいけないとのことだったので、一括払いに応じました。

結果的に一括で良かったと思います。
いつまでも細かく支払い続けるのは私にとっても精神的苦痛が大きいです。
支払い方法は相手の銀行口座に振り込むという形です。
私の浮気がばれた後は前妻と直接会ったことはなく、電話やメールなどでも連絡はしていないです。
やり取りは全て弁護士を介していて、相手は直接会うことを拒否していました。
私は直接現金を持っていこうと思いましたが、弁護士の先生にトラブルになる可能性があるからやめてくださいと言われました。

一回の浮気で私は500万円以上のお金を失い、今後も養育費を支払い続けることになります。
養育費を支払うことにためらいはないですが、慰謝料の500万円は本当に無駄なお金だったと思います。
毎月の出費がかなり膨れ上がってしまい、今の私は養育費と生活維持費のために働いているような感じです。

お店の売り上げが良くても、常に頭の中には養育費と生活維持費のことがあり、嬉しいという気持ちになることはなくなりました。
仕事に対するモチベーションも下がりそうになりましたが、毎月決まった金額のお金を振り込まなくてはいけないので、頑張って仕事をしています。

二人の子どもとは月に1回くらいのペースで会っていますが、今は子どもの成長だけが楽しみです。

不倫をした話の最近記事

  1. 裁判所で見守ったこと

  2. その出会いは偽りだった

  3. 憧れていた先輩からの裏切りで30万円支払うことに

  4. 不倫相手の妊娠が発覚し、相手の夫から慰謝料を請求された

  5. 自業自得でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP