不倫体験談の総合サイト

  1. 不倫された話
  2. 885 view

サークル内でのW不倫でW離婚

私と夫、相手の女とその夫は、全員、総勢30人ほどの社会人の趣味のサークルでの友人同士でした。
サークル内でカップルができ、結婚に至る人たちも全部で6組ほどできました。
そのうちの2組が、私たちと相手たちでした。

最初になにか違和感を感じたのは、サークルの飲み会のときです。
相手夫婦は離れて座っており、その女がやけに私の夫にベタベタとしていたのです。
相手夫婦はデキ婚で子供が一人いて貧乏、私たち夫婦はお互い高収入で、相手の女はよく私に「生活に困らなくていいよね、うらやましい」と言っていました。

その飲み会から2週間ほど経って、相手の夫からSNSを通じて、最近私の夫と相手の女がSNS上で親密でおかしい、様子はどうかと打診がありました。
言われてみて確かに、いままで持ち歩かなかったスマホを風呂場まで持って行ったり、帰宅がやけに遅いことに気づきました。

そこで、夫が寝ている隙に指紋認証だったスマホのロックを解除し、LINEやSNSをくまなくチェックしたところ、ツイッターのDMでのやりとりが発覚しました。
私のスマホで写真を撮り、相手の夫と共有、相談することにしました。

私の友人に弁護士がおり、その弁護士に相談しつつ、相手の夫と協力しながら、二人が不倫しているホテルに入るときと出てくるときの現場の写真などの証拠をおさえ、離婚協議に入りました。

—————————————

私と夫、相手の女と夫も離婚する前提で話を進め、慰謝料の相談を進めました。

そこで知ったのですが、夫と相手の女とは、「共同不法行為者」という連帯債務が発生するそうです。
つまり私から夫へ、そして相手の女へ、と、それぞれに対して請求することは可能ですが、例えば離婚する場合の慰謝料の相場が300万円だとして、夫にそれを全額請求すると、相手の女からは1円も取れない。
150万ずつの請求は可能、とのことでした。

また、例えば相手の女憎しで相手の女にだけ慰謝料請求をした場合、その女が「私は既婚者だと知らなかった」などの主張で減額されることはありますが、離婚を前提として、相手の女と夫の双方に請求することで、減額はなく、請求した満額支払われるという知識も得ることができました。

そして、私の場合は子供もおらず、結婚生活は2年ほどで、お互いに働いており、私自身の落ち度はないものの、「損害」という面から考慮するとそこまでの高額な慰謝料は請求が難しいと弁護士に言われました。

私としては、夫からも相手の女からも同額の慰謝料を受け取りたい気持ちが強く、150万円ずつの請求をしていましたが、結果としては100万円ずつ、計200万円の結果となりました。

さらに二人に対しては、相手方の夫も請求しており、そちらには子供がいるため、150万円ずつ、計300万円の請求となりました。
つまり、夫も相手の女も、250万円ずつを支払う結果となったのです。

弁護士は友人ということもあり着手金は10万円ほど、成功報酬として成功額の10%の20万円をお渡ししました。
(相場は倍くらいかかるようです)
裕福であった夫はともかく、相手の女は貯金も一切なかったので、途中、「分割で月々の支払いでもいいか」と相談がありましたが、一括で、と突っぱねました。
その結果、相手方の弁護士から、資産状況からとても一括では払えない、それなら総額の減額を申請する、と打診がありました。

そこで私は夫の貯蓄口座のコピーや資産状況を用意し、夫に「あなたが肩代わりしてあげれば良いのでは」と伝えました。

不倫発覚から2ヶ月ほど経っており、サークル仲間にポツポツとこの話が伝わり始めていたようで、いずれ何かの形で職場にも知られるのでは、と恐れた夫は、その提案をのみ、結果、私と相手の夫の請求額で話をまとめることができました。

それから3年が経ちましたが、不倫をした二人は再婚をしたらしくツイッターの写真がわざとらしくウエディングドレスになっていましたが、サークル内での噂は広まって二人は脱退、相手の夫とお子さんは実家のご両親に育てられているそうです。

不倫された話の最近記事

  1. 妻の浮気が発覚したこと

  2. 尾行などお願いしてもらった

  3. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料

  4. 夜にして全てが変わった

  5. 旦那が元カノと不倫関係5年続けてたらしい

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんな記事もついでに読まれています。

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 裁判所で見守ったこと
  2. 妻の浮気が発覚したこと
  3. 尾行などお願いしてもらった
  4. 浮気で家庭崩壊寸前に…浮気相手に払ってもらった慰謝料
  5. その出会いは偽りだった
スポンサードリンク
PAGE TOP